塗料・材料の知識

シリコン系塗料の特徴と仕上がり

最近の外壁塗装工事では「シリコン塗料」が主流みたいけだけど本当なの?
はい、その通りです。シリコン塗料は現在最も普及している外壁用塗料です。耐久性が良く、扱いやすく、価格もリーズナブルと3拍子揃った万能な塗料のため、人気が衰えることなく日本中で使用されているんですよ!

シリコン塗料は最も普及している外壁用塗料

塗料の主要成分である「樹脂」にシリコンが使用されているものを「シリコン塗料」と呼んでいます。

前述したように、シリコン塗料は現在最も普及している外壁用塗料です。

10年ほど前に、日本ペイントから「水性シリコンセラUV」という外壁用シリコン塗料が発売されたのを皮切りに、それまで主流だったウレタン塗料に取って変わる形で一気に普及が進みました。

塗装業者にとっても「水性シリコンセラUV」の発売は衝撃的でした。性能がよく価格も安いため今では外壁塗装工事の殆どの現場で「シリコン塗料」が使用されています。

 

耐久性に優れ、扱いやすく、価格もリーズナブルな万能塗料

シリコン塗料の最大の特徴は「万能」な点です。例えば、昔の塗装の現場では、以下のような苦労が多くあったのですが…

昔の塗装現場での苦労

  • 耐久性を高めようと「水性」→「油性」の塗料を使えば作業性が悪化
  • 作業性を重視し「油性」→「水性」の塗料を使えば耐久性が不足
  • 耐久性と作業性の良い材料はコストが高い

しかし、「水性シリコンセラUV」をはじめとする近年製造されているシリコン塗料は、これらの苦労を一挙に解決してしまいました。

作業性の良い水性塗料であっても10年以上と高い耐候性能を持ち合わせていて、しかもリーズナブルな価格で生産・販売されるようになったのです。

現在流通しているシリコン塗料ははひと昔前の塗装現場の状況からするとまさに夢のような塗料なんです。良質な製品が広く伝わるようになり、塗装業者にとっても、お客様にとっても、良い時代になったと思います。

 

耐久性 材工費 特徴

アクリル塗料


5~7年
1,000~1,200円/㎡ 耐久性が低いため外装用としては殆ど使われていない。金額が安く室内向けの塗料として主流になっている

ウレタン塗料
 

7~10年
1,200~1,600円/㎡ ひと昔前の外装用主流塗料。溶剤(油性)系ウレタンの場合、水性シリコン塗料に近い耐久性を持ち合わせている

シリコン塗料
 

10~12年
1,600~2,000円/㎡ 現在の主流塗料。水性シリコン塗料は扱いやすく耐久性も優れているので、日本中の多くの塗装現場で使用されている

ラジカル塗料


12~15年
2,000~2,500円/㎡ シリコン塗料よりさらに耐久性が優れている塗料。価格の低下により、シリコン塗料に迫る勢いが普及が進んでいる

フッ素塗料


15~18年
3,500~4,000円/㎡ 外装用塗料の中でトップクラスに性能が良い塗料だが、価格が高いため一般住宅用の塗料としてオーバースペック

 

「水性」シリコン塗料は鉄部の塗装には適さないため注意

水性シリコン塗料ってそんなにすごい塗料なんだ!じゃあ見積書に「水性シリコン塗料使用」って記載されていれば「良い材料を使っている信頼できる業者」と判断していいってことですね!
ちょっと待って下さい!魔法の塗料とも言われる「水性シリコン塗料」ですが、一点だけ弱点があるんです。それは「鉄や金属に塗る事が出来ない」という点です

シリコン塗料で最も人気がある「水性シリコンセラUV」ですが、製造元である日本ペイントの公式サイトを確認すると、以下のような記述があります。

適用下地:窯業サイディングボード・コンクリート・モルタルなど

対象/部位 外壁 屋根 鉄部 木部
戸建住宅 × × ×
マンション × × ×

◎:最適 ○:適 △:可 ×:不適

つまり、水性シリコン塗料は「窯業系外壁(現在主流となっているセメント質外壁)」以外には塗る事が出来ない、ということです。

基本的に、シリコン塗料に限らず水性塗料は金属や鉄部に塗装には不向きで、塩化ビニル製の樋等にも塗る事ができません。そのため、外壁以外の付帯部は「油性塗料」で塗装をすることがほとんどです。


シリコン塗料と一言で言っても、厳密に言えば「水性・油性」の違いであったり「1液・2液」の違いで性塗装可能箇所や性能も変わってきます。

知識が無い業者やいい加減な業者の場合が、どこもかしかこも水性シリコン塗料で塗装してしまい、金属部分が数年後に剥がれてきてしまった…。等というトラブルも時々耳にします。

なるほど…。良い材料だからと言って、どこにでも塗装できるわけでは無いんですね
そうなんです。ですから、使っている材料の質だけでなく、塗装箇所ごとに「この条件だからこの塗料を使用する」といった親切な説明ができる業者こそが、本当に信頼できる業者だと言えるでしょう

 

関連記事

塗料の油性・水性による仕上がりの違いを解説

 

シリコン塗料の特徴まとめ

  • 水性シリコン塗料は耐久性に優れ、扱い安く、コストも安い
  • 水性シリコン塗料は現在最も外壁塗装で使用されている塗料
  • ただし水性シリコン塗料は鉄部に塗装できないので要注意

 

高機能・低コストで絶大な人気を誇るシリコン塗料ですが、最も普及している水性シリコン塗料は塗装可能箇所が外壁に限られています。良い材料だからと言って、どこにでも使用できる訳ではない、という事を覚えておきましょう

 

-塗料・材料の知識

Copyright© 仙台アパート外壁塗装 , 2021 All Rights Reserved.